UA-176419638-1

授業報告を大切にしている理由

わせスタではアプリを使って毎回の授業報告をしています。
こんな感じです。

シンプルな内容ですが、毎回の授業を家庭でも共有してほしいのです。

私が以前勤務していた大手学習塾では「紙」の報告書を使っていました。
これでは生徒が無くしたり、そもそも親に渡さないので家庭に届きません。まあ宿題やってないときバレるので当然ですが^^;
内容も薄くあまり意味がないものでした。

そこでわせスタでは、報告書を上手に利用して生徒の成績アップを目指しています。

どう利用するか?

まず紙ではなくアプリの報告書を導入しました。少しコストがかかりますが、保護者に確実に届きます。

次に成績を上げるためにですが、成績アップは学習量や時間を増やすだけでは難しいです。
学習の質(生徒が勉強に向き合う、集中する)も大切です。

以下のような経験はないでしょうか?

・課題を早く終わらせようとする⇒間違いが多い
・途中までしかできていない、つまり手を抜く
・勉強中ぼーっとする、他のことを考える
・机に座って早く時間がすぎないかな。。とひたすら願う

学習の質が低いと、塾で良い課題を用意しても、自習の環境を用意していも、内容が頭に入っていきません。

質を上げるために、アプリの報告書を活用しています。

個別指導塾は集団と違って、生徒一人ひとりとしっかり話ができます。
・課題は出来ていたか?
・学校ワークは進んでいるか?
・授業の進度は問題ないか?

出来ていない場合は原因を探り、改善策を考えます。
その内容を報告書で保護者様とも共有します。

例えばこんな感じです。
【報告書例】
宿題をやったノートを持ってくるのを忘れてしまったとのこと。明日の19時15分に持ってくるよう話しています。明日チェックします。

学校ワークを学校に置きっぱなしになっているようです。まず明日から毎日持って帰る習慣をつけるようにアドバイスしました。

質の改善は簡単なものではなく時間もかかります。
そのためご家庭のサポートも大切です。

授業でアドバイスした内容は、報告書で家庭でも確認していただく。
家庭でも声をかけてもらい、見守っていただく。
このように家庭と塾でしっかりタッグを組んで子供の成長を見守るのが一番効率がいいのです。

【お問合せ】